中国出張ビギナーズ

中国出張の時に役立つ情報をご紹介

初めての中国出張や海外出張 持ち物と服装の用意

ニーハオ!

辣油先生です。

 

今回は初めて中国出張や海外出張に行く時、

持って行った方がよい物と服装やカバンについてです。

 

それでは早速準備していきましょう。

 

f:id:hize700:20170502213605j:plain

 

【目次】

カバンは2つ用意

まず、飛行機に乗る場合荷物は

空港カウンターで預けるスーツケースなどの『手荷物』と

ビジネスバッグやリュックサック、小さめのスーツケースなど『機内持ち込み』の荷物に分けます。

 

機内持ち込み用のかばんは飛行機搭乗後頭上の棚にしまわれる為、チャックなどで閉じられるものを用意しておきましょう。

棚から取り出した時に中身が出ると大変です。

 

荷物の大きさや重さを確認

手荷物として預けられるカバンの大きさや重さ、数量などは航空会社やエコノミークラスかビジネスクラスかによって違います。

下記リンク先から航空会社のホームページで確認しておきましょう。

ANA 国際線

JAL 国際線

中国東方航空

中国南方航空

 

私の場合、7日間~14日間なら

60~70Lサイズのスーツケース一つと大きめのリュックサック一つ。

14日間~30日間の場合は

スーツケースをもう一つ増やして二つ持って行ってました。

 

手荷物で預けたスーツケースは基本的に扱いが悪いと考えましょう。

カウンターで『割れ物注意のシール』を貼ってもらってもあまり扱いは変りません。

スーツケースはチャック式が投げられても壊れにくくおススメです。

 

安いスーツケースでもファスナータイプは壊れにくいです▼

f:id:hize700:20170512123355j:plain

 

【GW期間限定★1,500円OFF】 キャリーバッグ M サイズ MS サイズ キャリーケース 中型 超軽量 ファスナー 容量拡張OK TSAロック スーツケース トランクケース 旅行バッグ 旅行かばん 旅行用品 おしゃれ かわいい 送料無料 あす楽対応

価格:5,980円
(2017/5/2 17:33時点)
感想(234件)

 

スーツケースに貼られた過去のシールやタグは外しておく

過去スーツケースに航空会社が貼ったシールやタグをそのままにしてどんどん増やしていっている人を見かけますが、手荷物の紛失(ロストバゲージ)の原因にもなりますので外しておきましょう。

 

壊れやすい物やリチウム電池は機内持ち込み

仕事に使うパソコンやカメラ、タブレットなど投げられると困るようなものは機内持ち込み用のカバンに入れておきましょう。

 

どうしても、荷物がいっぱいでスーツケースに入れたいときは厳重に緩衝材などを使って投げられても壊れないようにしましょう。

 

電池の発火による荷室火災を防止する為、手荷物の中にリチウム電池があると、保安室に呼び出されてカバンを開け、抜き取らなければならなくなります。

 

恥ずかしいし、手間です。

 

予めパソコンやカメラを手荷物に入れるときは電池を抜いて、機内持ち込み用カバンへ移しておきましょう。

 

また、液体は機内への持ち込みが制限されていますから、お土産に日本酒などを持っていきたい場合も同じくプチプチなど緩衝材を使って衝撃に備えましょう。

 

上海なら服装は日本と同じでOK

上海の緯度は鹿児島と同じぐらいの位置にあるのですが、気候は私が住んでいる大阪と大差を感じませんでした。

夏場も冬場も日本での服装と同じで問題ありません。

 

夏場は替えのシャツ、

冬場はフリースなどの防寒着を

予備として入れておくと便利です。

かさばる場合はジップロックに入れて空気を抜き、圧縮してカバンに入れると荷造りが楽です。

 

部屋着、パジャマ忘れずに

部屋着は日本のビジネスホテルのように用意されているところは少ないです。

忘れないように持っていきましょう。

また、スリッパやルームシューズなども余裕があれば持っていく方が良いです。

 

中国でマスクは必要か?

ご存知の通り、PM2.5がそこら中に舞っています。

特に冬場、北へ行けば行くほど空気は悪くなります。

これは車や工場の排気ガス以外に石炭による暖房がまだまだ使われている為です。

 

f:id:hize700:20170502210557j:plain

 

PM2.5はマスクである程度防ぐことは可能なので私はおススメします。

ただ、現地の人はマスクをほぼしていないので

 

マスクしている人=日本人です。

 

「PM2.5が有害なんて日本が中国の悪口を言ってるだけ」

という中国人の方もいらっしゃったので、時と場合に合わせるようにしましょう。

 

食べ物や身の回り品

初めて中国や海外出張に行く場合は食べ物が口に合わなかったり、普段の生活とかけ離れていてストレスを感じることがあります。

食事や文化に慣れるまでは少し持って行っておきましょう。

 

食べ物

7日間以上滞在する場合は食べ物を少し持って行っておきましょう。

本場の中華料理は日本で食べる中華料理とは違い、極端に辛い物や日本人には感じられないうす味の料理が結構あります。

 

台州や温州といった少し南部の料理や台湾料理が出る場合は、まだマシですが

 

私は正直に言って上海の料理で美味しいと感じたものはありません。

 

f:id:hize700:20170502212832j:plain

 

カバンに余裕がある場合はカップ麺や袋菓子。

余裕がない場合はインスタントみそ汁やスープ、チョコレートやカロリーメイトなど

ポットのお湯で調理できるものやそのまま食べられるものが良いです。

 

f:id:hize700:20170512120203j:plain

 

薬やサプリメント

出張で中国に行くと、

取引先から過剰な接待にあいます。

 

f:id:hize700:20170502211801j:plain

 

たくさんのお酒や料理を口に入れることになりますから

  • 胃腸薬
  • 下痢止め
  • ウコンなどのサプリ

場合によって風邪薬などを持っておくと安心です。

 

衛生品

歯ブラシやヒゲ剃り、シャンプー、リンス、石鹸は

念の為持って行っておきましょう。

ホテルによって有料になっていたり、置いていない場合もありますし、

 

自分の肌に合わない可能性もあります。

 

あと、トイレに『ウォシュレット』なんてものがついているのは日本だけです。

携帯ウォシュレットやトイレに流せるウェットティッシュが市販されていますので必要な人は持って行っておきましょう。

 

加圧式 携帯おしり洗浄機 シャワーウォッシュ【あす楽】

価格:1,870円
(2017/5/26 16:04時点)
感想(3件)

ネピア おしりセレブWET 本体 無香料 40枚入【楽天24】[ネピア おしりセレブ トイレットペーパー ウエットタイプ]

価格:489円
(2017/5/2 19:04時点)
感想(3件)

通信機器

会社から携帯電話やその他通信機器を預かれる場合は問題ありませんが、自分の電話で日本と連絡を取れば当然国際電話料金になりますから、電話料金がハネ上がります。

 

また、ローミングといって中国の電話会社の電波を自動で設定して3G、LTEの電波を利用してインターネット接続することが可能ですが、これも後々のパケット代の請求が多額になることが多いです。

 

スマートフォンは何もしていなくてもインターネットで通信をしています。

 

なので、飛行場に到着してまずやることは

スマートフォンの電源を入れたらすぐに通信設定を『wifiのみ』に制限することです。

 

i Phoneの場合は

設定→モバイルデータ通信→

モバイルデータ通信のスイッチをOFF(スイッチが緑色の状態はON)

で、できます。

 

取引先の社内wifiやホテルの各部屋ごとに設置されたwifiなら

ある程度信用して使っても大丈夫ですが

 

中国での『Free wifi』はハッキングの心配も大きいので基本使わない方が良いです。

 

街中などでもwifiを使いたいときはレンタルwifiが便利です。

また、別記事で詳しく書きますが

 

中国はインターネットに政府が介入しているのでGoogleのサービスやFacebook、Twitter、LINEなどが利用できません。

 

中国出張の場合はVPN機能付きのレンタルwifiが最適です。

VPNを使えば中国政府の介入を受けることはありませんのでGoogle翻訳やLINE電話など自由に使用することが可能です。

 

私がいつも使っている下記の会社のレンタルwifiならVPNがつけられます。

>> 海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】

(渡航先:東アジア 中国(4G or 3G / 大容量)VPN付を選択)

 

chinachina.hatenablog.com

 

また、レンタルWiFiの端末はすぐにバッテリーが切れてしまうので、携帯USB充電バッテリーを用意しておくのが良いです。

大容量のものを1つもっておけば何かと便利です。

 

★あす楽対応★ 大容量 モバイルバッテリー cheero Power Plus 3 13400mAh 各種 iPhone / iPad / Android 急速充電 対応

価格:3,280円
(2017/6/8 13:46時点)
感想(82件)

 

最近はプリペイドSIMを使う方も多いですが、SIMフリーの端末が必要ですし、設定がうまくいかず、インターネットに接続できない場合もあります。

また、中国国内の回線ですからGoogleやLINEは基本つかえません。

 

中国では変圧器がほぼ不要

中国のコンセントから流れる電気の電圧は220Vです。

 

最近のパソコンACアダプターや携帯の充電器は対応電圧が100Vから240Vとなっているものが多く、中国の220Vでも使用できます。

 

ラベルに書いてありますので確認しておきましょう。

 

f:id:hize700:20170502211150j:plain

 

コンセントも一見、形が全然違うのですが、そのまま刺さります。

 

f:id:hize700:20170502210432j:plain

 

どうしても使いたい家電があれば変圧器が要るかもしれませんが、基本的には不要だと思います。

 

特筆したことのまとめ

  • 手荷物(預ける荷物)は投げられるので、ファスナータイプの頑丈なスーツケースを用意。
  • 壊れて困るようなものは機内持ち込み。
  • リチウム電池は機内持ち込み。
  • PCやカメラは機内持ち込みが基本。手荷物に入れる場合はバッテリーを外す。
  • 服装は上海周辺なら基本的に日本と同じで大丈夫。
  • マスクは一応持って行っておく。
  • 石鹸や歯ブラシなど衛生品は持って行っておく。
  • 暴飲、暴食に備えて薬やサプリを用意。
  • 空港に着いたらスマホの設定をする。
  • 通信機器はレンタルwifiでVPN付のものを借りる。
  • 変圧器は不要。

中国出張、海外出張 持ち物リスト

出張前に準備できているかリストで確認してみてください。

機内持ち込みカバンに入れておくもの

  • パスポート(有効期限とVISA(査証)をチェック)
    パスポートは海外で唯一の身分証明になるので、万が一の時の為にコピーやスマホで写真を撮っておく。
  • 航空券(eチケットは印刷もしておく)
  • 財布(不要なクレジットカードなどは抜いておく)
    クレジットカードは紛失や盗難に備えて両面コピーややスマホで写真を撮っておく。
  • 現地通貨用の財布、小銭入れ(現地通貨は分けておかないと不便)
  • 携帯電話、スマホ
  • 携帯電話の充電器、USBコンセント
  • モバイルバッテリー
  • レンタルWiFi端末(到着までは電源を切っておく)
  • パソコン、電源アダプター、マウスなどの周辺機器
  • 電源プラグ変換アダプタ、変圧器(中国はほとんど不要)
  • カメラ(現地視察などで必要な場合)
  • 本や音楽プレーヤー、イヤホン(特に移動が長距離の場合)
  • ハンカチ、ポケットティッシュ
  • 名刺、名刺入れ
  • 手帳、ノート、メモ類(中国では漢字を書くことで言葉が通じることが多い)
  • 筆記用具(ボールペン、シャーペン)
  • 海外旅行保険の証書(普通は会社から預かる or 自分で手配)
  • ホテルの名前や連絡先、住所が現地語でわかる予約確認などのプリントアウト
  • ジップロック(数枚持っておくと便利)
  • 薬やサプリメント(下痢止め、胃腸薬、風邪薬、痛み止め、ウコン等)
    ※目薬やリップクリームはジップロックに入れないと持ち込めない。
  • PM2.5対応マスク(中国やインドなどは持っておく)
  • 仕事関連の資料や機内持ち込み可能なサンプル品など
  • 現地の方へのお土産


手荷物(カウンターで預けるスーツケース)に入れておくもの

  • 着替え(日中の服装と就寝用の部屋着、防寒具など)
  • カイロや冷えピタなど体温調整ができるもの(必要な場合)
  • 折りたたみ傘、レインコート(台湾など雨が多い場所の場合)
  • 下着(シャツ、パンツ、靴下)
    ※衣類はジップロックに入れて空気を抜けば省スペースになる。
  • タオル、バスタオル(最低1枚ずつ入れておく)
  • 部屋履き用のスリッパやサンダル
  • ハンカチの替え
  • ポケットティッシュ、ボックスティッシュ
  • トイレットペーパー(紙の硬さにデリケートな場合)
  • 携帯ウォシュレット、流せるウェットティッシュ(必要な場合)
  • 生理用品
  • ヒゲ剃り、ヒゲ剃りクリーム、鼻毛切りハサミなど
  • 歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュなど
  • ヘアーブラシやクシなど
  • 整髪用品、化粧品など
    ※缶スプレーは引火性確認の為、保安室に呼ばれることが多い。
  • 爪切り、綿棒など
  • シャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー、石鹸
  • ビニール袋(スーパーの袋など、ジップロックも数枚)
  • 洗剤、洗濯ばさみなど洗濯、物干し器具(長期滞在で必要な場合)
  • 食べ物(カップ麺やパックご飯、カップスープやインスタントコーヒー、お菓子、カロリーメイトなど)
  • PM2.5対応マスク(中国やインドなどは持っておく)
  • パソコンやデジタルカメラ
    ※バッテリーは外して機内持ち込みカバンへ入れる。
    ※手荷物に入れる場合は荷物は投げらる覚悟で中身を保護しておく。
  • 仕事関連の資料やサンプル品
  • スーツとスーツ着用時のYシャツや革靴、ベルト、ネクタイなど(必要な場合)
  • 現地の方へのお土産