中国出張ビギナーズ

中国出張の時に役立つ情報をご紹介

中国出張ビギナーズ

はじめて中国のショッピングモールへ行ってみた(味千ラーメン編)【中国出張体験記】

ニーハオ!

辣油先生です!

f:id:hize700:20170621160453j:plain

 

今回も中国出張の体験談です。

初めて週末を迎え、地下鉄に乗って行ったショッピングモールでのお話です。

 

>>中国出張はレンタルWiFiがかんたん便利! 

 

日本のようなショッピングモール

私が行ったショッピングモールは中国の上海市でもかなり外れの方である安亭という街にあるショッピングモールです。

 

見た感じは、まるで日本みたいなショッピングモールでした。

 

ん?ラーメン?

 

カタカナが書いてあります。

 

f:id:hize700:20170704154606j:plain

 

中国では日本以上に見かける『味千ラーメン』

中国に行ったことのある方はご存知だと思いますが、

この味千ラーメンは街中にたくさん店舗があります。

 

このショッピングモールにもありました。

 

f:id:hize700:20170712141137j:plain

 

中国ではケンタッキーが日本のマクドナルドの頻度ぐらいで見かけるのですが、味千ラーメンも同じくらい見かけます。

 

この日、中国に来てから初めて味千ラーメンを発見したので、お昼ご飯はここで食べることにしました。

 

店内に入ると、日本語がたくさん書いてあり、店員さんも

「イラッシャイマセー!」

と元気な声を上げます。

 

おお!日本語が通じるのか!?

と思いながらメニューを開くとそこにも日本語が書いてあります。

 

いやぁ、あんしん、あんしん

 

注文を決めて

「すみませ~ん!」と手を上げると店員さんが注文を取りに来ました。

 

しかし、

 

ココからは全く日本語は通じませんでした。

 

注文を終えて、やれやれとお冷を飲んでいると、

店員さんが戻ってきて横に立ちます。

 

何も言わないのでスマホをいじっていると、

せき払いをしながら肩のあたりをグイグイ押してきます。

 

??

 

はじめは

「え?まさかの店内スマホ禁止?」

と思いましたが、

 

 

どうやら「お金を先に支払ってほしい」という事でした。

 

中国では先払いをするレストランが結構多いです。

かといってすべてではないので頭の片隅に置いておくとよいです。

 

しばらくして私が注文した

『濃厚豚骨ラーメン』がやってきました。

 

f:id:hize700:20170712153909j:plain

 

見た目は日本の豚骨ラーメンそのものです。

 

「いただきまーす!」

 

とラーメンをすすると、

 

スープの味が薄い。

 

全然濃厚ではありません。

美味しくないというわけではありませんが、ただ薄い。

 

後々わかりましたが、

 

中国人は基本、薄味が好きです。

 

というより、日本の食べ物や飲み物の味が濃すぎたり、塩味が効きすぎなんでしょうね。

ビールなんかも中国人から言わせれば「日本のビールは苦くて飲めない」だそうです。

 

ちなみに味千ラーメンは台湾出身の創業者が熊本市ではじめたラーメン屋さん。

日本には約80店舗ありますが、香港での出店を皮切りに海外進出を成功させ、

なんと中国には700店舗以上もあるそうです。

 

肯德基と麦当劳

肯德基:ケンタッキー

麦当劳:マクドナルド

です。

 

やはり、この二強世界企業は中国のショッピングモールも抑えています。

 

f:id:hize700:20170712144512j:plain

 

この日はマクドナルドでは

 

『カツカレーライス』

 

が限定メニューの様でした。

 

f:id:hize700:20170712144633j:plain

 

この時中国では日本式のカレーが秘かなブームだったらしいです。

こっちにすれば良かったかな?

 

他にもスターバックスコーヒーや

 

萨莉亚:サイゼリア

 

などがあり、日本と変わらない食事をとることが可能でした。

 

f:id:hize700:20170712144906j:plain

 

フランチャイズ以外には

回転ずしや焼肉のお店もありましたが

 

f:id:hize700:20170712145107j:plain

 

塩!?

 

・・・いろいろ心配。

 

ユニクロは安くない

ユニクロも発見しました。

 

f:id:hize700:20170712145304j:plain

 

物価も安いし、中国で生産しているのだからきっと安く買えるのだろうと思って中に入ってみました。

 

店内のデザインは日本と同じです。

 

ラインナップもほとんど日本のユニクロと同じで、価格は

 

同じぐらいかむしろ高い。

 

円安の日本に来て中国人がユニクロで爆買いしていく理由がここでわかりました。

 

他にもCASIOのGショックのショップやアディダス、PUMAのスニーカーショップなど日本のショッピングモールによくあるようなお店もありましたが、全てユニクロと同じ様な状態。

 

日本と同じかちょっと高いくらいの値段でした。

 

まとめ

安亭のショッピングモールの中をうろついてみましたが、そこはまるで日本。

ちょっと安心する反面

 

「日本らしい景色ってこういうものだったけか?」

 

と不安も感じました。

 

ショッピングモールは中だけではなく、外にもたくさんお店がありましたので、それは次回ご紹介したいと思います。

 

続く

 

 【関連記事】

chinachina.hatenablog.com

chinachina.hatenablog.com