中国出張ビギナーズ

中国出張の時に役立つ情報をご紹介

中国出張ビギナーズ

海外旅行・出張行くなら『エポスカード』は常識!完全無料で海外旅行保険の加入や増額をする方法

 

ニーハオ!

辣油先生です!

 

実を言うと私、辣油先生は

ファイナンシャル プランナー(FP)
の資格を持っています。
保険のことは普通の人よりも
ちょっと詳しいつもりです。

f:id:hize700:20170612190711j:plain

>>中国出張はレンタルWiFiがかんたん便利! 

 

今回は
海外旅行保険についてのお話です。

海外旅行保険に入っていない人
はもちろん。

パソコンやタブレット、
カメラなどの高額な機材を
旅行や出張に持って行く人は
必読です。

 

出張の場合だと会社側で
海外旅行保険を契約していることが
ほとんどだと思います。
「だから海外旅行保険の心配はなし!」
と思っている人もいるでしょう。

 

しかし、実はエポスカード
というクレジットカードを
発行して持つだけで
特別な手続きもなく
海外旅行保険に
補償内容を自分で上乗せ
して充実させることや、

個人的な旅行でも
無料で海外旅行保険をかける
ことが可能です。

入会金無料
年会費永久無料

なのに
下記の海外旅行保険内容が
自動付帯されます。

  • 傷害死亡・後遺障害 最高500万円
  • 傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

すでに会社や自分で
他の海外旅行保険に入っていたとしても

傷害死亡・後遺障害以外は

自動的に
保険金額を上乗せ、合算
も出来てしまいます。

※カード発行日の翌日以降に日本を出発する旅行(出張)が対象。
1旅行につき最長90日間の補償期間。

 

海外旅行保険が無料で自動付帯
>>【エポスカード】<<

 

エポスカード以外にも
海外旅行保険付帯サービスのある
クレジットカードはたくさんありますが、

どんなクレジットカードでもいい
というわけではなく、

ただ持っていれば
良いというわけではないという場合も
ありますので、
詳しくお話ししましょう。

 

海外旅行保険とは?

保険の分類としては
傷害保険の一種で、
海外旅行を目的に
(もちろん海外出張も含みます)

家を出発してから
帰宅するまでの間を
補償する保険のことです。

f:id:hize700:20170613103952j:plain

 

普通傷害保険でも
(日常生活を補償する保険)
国内外の事故によるケガを
主な保険対象として
備えることは可能ですが、

特約が無い場合は
普通傷害保険で
地震・噴火・津波による障害や
細菌性食中毒は
補償の対象になりません。

 

対して海外旅行傷害保険
特約がない場合でも

地震・噴火・津波による障害や
細菌性食中毒にも補償の対象
になっています。

 

また、特約を付けることで

病気・賠償責任・携行品損害・救援者費用
なども
補償の対象とすることができます。

 

特約とは言っても
難しいことはなく、
多くのプランに
内容として含まれていることが多いので、
確認さえしておけば大丈夫です

 

 

海外旅行保険入っていないとどうなる?

いちばん困るのは
旅行先・出張先でケガをしたり、病気になって
病院で治療を受けたときの治療費です。

そこは日本ではありませんから
当然健康保険は効きませんし、
中国やアメリカなど土地が広い国では
病院までの搬送距離が長い場合、
搬送費用を請求されることもあるようです。

そうなった場合、
治療費や搬送費用が
想像以上に高かったという話は
よく聞きます。
数十万円〜数百万円の請求がきた
なんてことも珍しくないようです。

 

またパソコンやスマホなど
高価な物を持ち歩く場合は
盗難や破損にも備えておく方が
安心ですよね。

 

海外旅行保険が無料で自動付帯
>>【エポスカード】<<

 

海外旅行保険の種類、主な補償内容

海外旅行保険では
以下の内容が一般的に補償されます。

AIU保険 の海外旅行保険、
海外旅行保険 保険料一覧(個人プラン:出張)
にある一般的な項目を例に説明しましょう。

 

傷害死亡

旅行(出張)中の
事故によるケガが原因で、
事故の日から
その日を含めて
180日以内に亡くなった場合
支払われる保険金です。

 

傷害後遺障害

旅行(出張)中の
事故によるケガが原因で、
事故の日からその日を含めて
180日以内に身体に
後遺障害が生じた場合
支払われる保険金です。

f:id:hize700:20170613103312j:plain

傷害死亡・後遺障害保険金は合算されない

傷害死亡・後遺障害保険金
については
2つ以上の保険に入っていたとしても、
保険金額は合算されません。

最高金額の保険金額が限度となり、
各保険金額に応じて按分
(保険会社で分けもち)
されます。

後でも説明しますが
クレジットカードの付帯サービスでも
傷害死亡・後遺障害保険金は
合算されません。

傷害死亡・後遺障害保険金
以外については
保険会社の契約内容にもよりますが、
基本的に保険金は合算されます。


治療費用

旅行(出張)中に
ケガや病気で治療を受けた場合
(AIUは帰宅後72時間以内に病気の治療を開始した場合を含む)
の治療費が
保険金として支払われます。

f:id:hize700:20170613103336j:plain

 

救援費用

3日以上の入院や
搭乗中の航空機・船舶が行方不明になった場合に、
日本から
家族が現地に行くことになった場合の費用

妊娠初期の異常による治療費用や
日本から家族が現地に行くことになった場合の費用

などが補償されます。
(AIUでは保険期間31日までの契約の場合)

補償の内容は保険会社によって異なります。

f:id:hize700:20170613103404j:plain

 

疾病応急治療・救援費用(AIUでは保険期間31日までの契約の場合)

旅行(出張)出発前の病気が原因で
旅行中に応急治療を受けた場合や、
3日以上入院した場合
日本から家族が現地に行く費用が
保険金として支払われます。

f:id:hize700:20170613104039j:plain

 

疾病死亡

旅行(出張)中の
病気が原因で亡くなった場合
(帰宅後72時間以内に治療を開始し、
帰宅日を含めて30日以内に亡くなった場合を含む)
保険金が支払われます。

 

個人賠償責任

旅行(出張)中、
他人にケガをさせたり、
あやまってお店の品物を壊してしまったり、
ホテルの部屋を水浸しにしてしまうような、
『法律上の賠償責任』
を負った場合に保険金が支払われます。

f:id:hize700:20170613104024j:plain

 

携行品

旅行(出張)中に携行する
スーツケース、カバン、
カメラ、時計
などを盗まれたり、
あやまって落として破損した場合や、
パスポートの盗難により再取得する場合
などの費用について
保険金が支払われます。

f:id:hize700:20170613083913j:plain

 

旅行事故緊急費用(AIUでは保険期間31日までのセットプラン契約の場合)

予期せぬ偶然な事故によって
次の費用を負担した場合に
保険金が支払われます。

(1)交通費

(2)宿泊施設の客室料

(3)食事代

(4)国際電話など通信費

(5)渡航手続費

(6)渡航先での各種サービス取消料など

(7)身の回り品購入費(ただし公的機関、宿泊施設、医療機関または旅行会社により事故の発生が証明されるものに限ります。)

 

海外旅行保険が無料で自動付帯
>>【エポスカード】<<

 

クレジットカードには海外旅行保険がついている

知らない人も多いのですが、
クレジットカードを契約すると
海外旅行保険
がついていることがほとんどです。

kakaku.com

注意したいのは『自動付帯』か『利用付帯』か

クレジットカードを発行すると、
ついてくる海外旅行付帯保険には
自動付帯と利用付帯の2種類があります。

自動付帯の場合は、
カードを発行して
持っているだけで
常に海外旅行保険の補償が
受けられる状態になっています。

 

利用付帯の場合は
旅行代金を
クレジットカード払いで支払うことが、
海外旅行保険の適用条件になっています。

適用条件は
各カード会社によって異なります。

 

たとえば
私のまわりでも所有率の高い
楽天カード
の海外旅行保険適用条件には

「日本を出国する以前に、
公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を支払った場合」
と書かれていますので

利用付帯
のクレジットカード
という事になります。

 

公共交通乗用具というのは
飛行機・電車・タクシー・バス
などのことで、

自家用車のガソリン代や
高速料金支払いは保険の適用外
になります。

また、募集型企画旅行とあるので、
いわゆる
パッケージツアーといわれているもの以外の
『受注型』や『手配型』では
旅行代金をクレジットカードで支払っていても
保険の適用外となります。

 

出張の場合だと、
募集型企画旅行(パックツアー)
ではないので
空港までの電車、
タクシー、
シャトルバス
などの料金を
楽天カードで支払えば
海外旅行保険が適用になります。

 

海外旅行保険が無料で自動付帯
>>【エポスカード】<<

 

海外旅行好きの間で有名なエポスカード

海外旅行や
海外出張を多くする人達の間で
有名なクレジットカードがあります。

それが、【エポスカード】
というクレジットカードです。

 

もちろん私も使っています。

f:id:hize700:20171124175414j:plain

 

はじめにも書きましたが、

入会金無料
年会費永久無料なのに

  • 傷害死亡・後遺障害 最高500万円
  • 傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
  • 疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
  • 賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
  • 救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
  • 携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

この内容の海外旅行保険が

自動付帯されます。

つまり、

発行して持ってさえいれば、
保険は適用。

 

会社で契約している
他の海外旅行保険に入っていたとしても

傷害死亡・後遺障害以外は自動的に

保険金額を上乗せ、合算

できるという事です。

※カード発行日の翌日以降に日本を出発する旅行(出張)が対象。
1旅行につき最長90日間の補償期間。

 

特に
パソコンやタブレット、
スマホなどを出張に持って行く人は
携行品損害
は上乗せが大きいほど安心できますよね。

 

本当にエポスカードはメリットしかないので、
持っていないと損です。

発行するのに
申し込みから7~10日かかりますので、
自動付帯の海外旅行保険がついたカードを
1枚も持っていない人は
「海外出張に行くかもしれない」
となった時点で、
必ず発行しておくようにしましょう。

 

海外旅行保険が無料で自動付帯
>>【エポスカード】<<

 

 

まとめ

  • 海外旅行保険は海外旅行(出張)中のケガを主な保険対象として家を出発してから帰宅するまでの間を補償する保険のこと。
  • 主な補償内容を事前に確認しておく。
  • 傷害死亡・後遺障害保険金以外は基本的に合算して上乗せ可能。
  • エポスカードは発行して持っておくだけで海外旅行保険が自動付帯。年会費永久無料なので必ず発行しておくのが良い。

【関連記事】

chinachina.hatenablog.com

chinachina.hatenablog.com

chinachina.hatenablog.com